nobori days

のぼり旗が危機管理意識を高めるのに有効なのはなぜか

工事現場や危険物を保管している倉庫、また工場などでは繰り返し安全について教育がなされます。

しかし、人間という生き物は毎日繰り返し同じことをしていますとその意識が薄れてしまい、
注意が散漫になり事故が生じてしまうことがあるのです。

特に仕事に集中している時はいいですが、ずっと集中することは難しいと言えます。
気が抜けた時や疲れたときにミスをしてしまうのです。

疲れが危険

そのような時に視認性の高いのぼり旗が目に入ってくるなら、安全意識が呼び戻され我に返ることが出来ます。
情報を耳から聞くだけではすぐに忘れるものですが、目から入る情報には力があります。

作業員の邪魔にならない場所で目に入る場所に設置するなら有効であると言えるのです。
危機管理意識を高めるには繰り返すしかありませんので、様々なツールを使って多角的に行う必要があるのです。

マンネリ化にならないようにするなら、作業する従業員も高い意識を持ち続けることが出来ますし、
事故を未然に防ぐことが出来るようになります。

工場によくある横断幕は大きくていいのですが狭い場所には設置が出来ないので、のぼり旗の方が融通がきいて効果が高いという事がわかります。

蛍光色を使った防炎加工されたのぼり旗を使う

工場などでは定期的に安全の検査がありますので、管理者は注意が必要です。
特に燃えやすいものを置いていると基準に引っかかってしまいますので、撤去するかもしくは防炎加工のモノを使う必要があるのです。

一般的なのぼり旗の場合、燃えやすいのでそのまま置いてしまいますと安全基準をクリアーすることは出来ません。
それで、防炎加工されたモノを使う必要があります。

防炎加工処理

更に、安全意識を高めるために使用する色も大事になります。蛍光色など目立つ色を使う必要があり、
そうすることでどこにいても目に入るので危機管理を持つことが可能になります。

蛍光色は工場の中が暗くてもはっきり見ることが出来るので効果的であると言えるのです。
確かにのぼり旗を使うことをこれまで考えたことはなかったかもしれませんが、非常に効果的なツールであると言えるのです。

気をつけるポイントは設置する場所の安全基準に適っていることと、蛍光色を使うことで働いている人がどこからみてもわかるようにすることだと言えます。
そうすることで、職場の安全が保たれ事故を未然に防ぐことが出来るようになると言えます。

確かに小さな事かもしれませんが、日々の注意が大事であると言えるのです。

top  レイアウト  データ入稿  店名などを印刷したのぼり旗  注文  看板とのぼり旗の違い  種類  飲食店  使う環境や使う頻度によって選ぶ  のぼり旗専門店  のぼり旗技法の一種「網点(アミテン)」  旗のサイズを大型化  部屋に置きたいミニのぼり旗  蛍光色の防炎のぼり  sitemap