nobori days

のぼり旗を希望以上に完成させる優れたサービスです

飲食店や旅館など和風スタイルで営業する店舗系の場合は、
入り口にのぼり旗を用意することが古くから行われています。

入り口に設置

新規オープンやリニューアルをする際には、新しいのぼり旗を作ることを
希望することがありますが、京都のれん株式会社に依頼をすると、
のぼり旗ネットというサイトを開設しているので、ネット上から簡単に発注できます。

のぼり旗として提供しているサービス範囲は非常に広く、予め決められた
規格品の他、自由なサイズ設定でも対応しています。

のぼり旗の使用にはポールとなるものを併用しますが、ハトメ部分の加工から
丈夫な縁加工の技術も高く、一般的なインクジェットの他にもシルクスクリーンの技術も
利用できるので、思いのままのデザインに完成させられます。

京都のれん株式会社の優れた点は使う素材が上質なことと、デザイン技術や
印刷技術が高いこと、耐久性に優れたのぼり旗を得意分野にしているので、
ネットを介しての発注でも希望以上の仕上がりになることが魅力的ではないでしょうか。
十分な仕上がり

印刷技術で注目したいアミテンの持つ効果とは


京都のれん株式会社が運営する、のぼり旗ネットではいつでもネット上から制作の依頼を行えます。
のぼり旗を作る際には、印刷方法で迷ってしまう場合もありますが、古くから使われてきた技法の中にシルクスクリーン印刷があります。

この技術はデザインに合わせて版を作ってから、染料を流して色付けをしていく方法になり、
機械的ではない情緒溢れるのぼり旗にしたい際には最適です。

この技法で高い技術力が更に求められる内容には、アミテンと呼ばれるものがあり、この会社でも対応しています。

アミテンは通常の方法ではグラデーションの表現ができない場合に効果を発揮する技法になり、
シルクの網の点のサイズを変える方法で同じ色だけを使ったとしても、美しいグラデーションのように表現できる特殊な方法です。

網の点のサイズを大きくした際には色は濃く見えることになり、反対にサイズが小さければ薄く見えることが基本です。
この技術は機械では不可能な方法なので、手作りをする手間と時間は掛かります。
仕上がりは趣のある自然的な風合いになることが多いので、のぼり旗の質感を高めたい際に効果的な方法です。