nobori days

看板とのぼり旗

店などの宣伝方法は様々な手法があります。
そこで、オリジナルの看板とのぼり旗は、両方とも
宣伝効果が大きいと言えるでしょう。

なぜなら、これらは一度制作してしまえば
あとは置いておくだけで効果を発揮し続けるからです。

それに、汎用品ではなくオリジナルのものを用いれば
より一層高い効果をのぞめます。

のぼり旗と看板のいずれも制作するには
紙やネットといったものに比べて、初期費用がかかります。

初期費用がかかる

この費用に関してはのぼり旗のほうが圧倒的に
安価であるのは材料から見ても明らかです。

もしいくらオリジナルといえども、安価な看板にしてしまえば
安っぽさが目立ってしまい、それに見合った宣伝効果しか
得られないので、主に棒と生地から作られているのぼり旗というのは
非常に安価で高い効果が得られる宣伝方法と言えます。

そして、のぼり旗は使うときには表に出し、使用しないときには
しまうということも可能で、非常に利便性も高いことが特徴です。

自営業であればお店のオープン時に表に出し、閉店時には
折りたたんでしまうということができるので
お客様目線でみてもわかりやすく、親切な宣伝方法です。

閉店時

スペースと手入れの面においてものぼり旗の方が優れています。
先ほどの使用するときとしないときのようにのぼり旗でいえば移動が可能です。

そして分解ができるので手入れもしやすいでしょう。
このようにオリジナルののぼり旗はコスト、宣伝効果、実用性といった
様々な視点からみて非常に優れた宣伝方法といえるでしょう。

top  レイアウト  データ入稿  店名などを印刷したのぼり旗  注文  看板とのぼり旗の違い  種類  飲食店  使う環境や使う頻度によって選ぶ  のぼり旗専門店  のぼり旗技法の一種「網点(アミテン)」  旗のサイズを大型化  部屋に置きたいミニのぼり旗  sitemap