nobori days

お部屋の中で飾りやすいサイズ

のぼり旗というと大型のものをイメージする方も多いのではないでしょうか。
お店やイベントの際に利用されるもので、一般的にはあまり縁がないものと思いがちです。

しかし、ミニサイズの物ならおうちの中で飾って楽しむことができます。
最近はミニチュアのものをそろえている方や、お人形の暮らす世界を
ジオラマなどで作る方も多くなっていますが、そういったときにリアル感を出すために
役立ってくれることもあります。

ミニサイズのぼりの活用

卓上におけるサイズならこうした場合に使いやすくなるでしょう。
事務所などでも受付カウンターに置いてみたり、自分の部屋の飾りとしても
好きな柄物を常に目に入るところに置いてみたりと様々な活用ができます。

普段はあまり縁がないのぼり旗ですが、サイズを変えてみることで活用の幅がぐっと広がってくるのです。

気になっている方、ちょっと変わったインテリアにしてみたい方などは
ぜひ取り入れてみることを検討してみましょう。自分で模様を変えることができるなら、
より思い通りの飾りとなり、インテリアのポイントとしても活用しやすくなります。

お部屋を快適な空間にするためにも、オリジナルのミニのぼり旗を手に入れて活用していきましょう。

趣味に合わせて遊び感覚

最近は趣味も多様化してきています。アニメやゲームなどにはまる方も多く、
そういった方たちはお気に入りのキャラクターや場面を再現したいと思うものです。

特に最近は女性に戦国武将などを取り上げたアニメやゲームが人気となっています。武将のデザインのぼり

もともと男性にとっても身近で憧れの分野ですから、こうしたものを趣味として好んでいる方も多いでしょう。
戦国武将は戦いのときに自らを示す紋を入れたのぼり旗を立てます。

そういった戦いのシーンを再現するときに、小さなのぼり旗が活用できます。
ジオラマの中で臨場感のある戦いの場面を再現することができるようになるのです。

地図上に戦国武将の旗を立てて戦いのイメージをしてみるのも楽しみの一つかもしれません。
場合によってはお子さんの教育にも役立つことになります。お気に入りのデザインの旗を
作ってみるのもよいですが、このように武将の旗などこだわりのデザインを取り入れてみるのも大きな意味があるでしょう。

もちろんそのほかにも自分の趣味に合わせて、必要なものがあればそれをのぼり旗として作成してみて、
趣味を深めていくために活用してみるのもよいでしょう。楽しい遊びを作り出すきっかけになるかもしれません。

top  レイアウト  データ入稿  店名などを印刷したのぼり旗  注文  看板とのぼり旗の違い  種類  飲食店  使う環境や使う頻度によって選ぶ  のぼり旗専門店  のぼり旗技法の一種「網点(アミテン)」  旗のサイズを大型化  部屋に置きたいミニのぼり旗  sitemap